第二次世界大戦末期に登場した2000馬力エンジン搭載の紫電改DVDを紹介します

商品の説明

内容紹介

これまで安定した実績を誇るNHKは何を伝えてきたかシリーズ! 1979年に放送されたNHK特集「紫電改 最後の戦闘機」をDVD化!昭和53年(1978年)11月15日、四国南西部・愛媛県南宇和郡城辺町(当時)の海底40メートルで、沈没した旧日本海軍最後の戦闘機「紫電改」が発見され、翌昭和54年(1979年)7月14日、34年の時を経て引き揚げられた。 戦局打開の切り札として開発され、昭和20年(1945年)1月に実戦配備、新編成の精鋭パイロット集団「第三四三海軍航空隊・剣部隊(三四三空)」によって終戦までの8か月間、 対米軍F6F戦闘機、B29爆撃機等との死闘に明け暮れた「紫電改」。 この発見以前、日本国内に現存機は1機もなく、「幻の名戦闘機」と呼ばれた。 NHKでは、この発見当時、「幻の名戦闘機 紫電改」に関わる物語、そして沈没機の謎を追って取材した。 厳しい戦局のなか、米軍に対抗・匹敵する戦闘機をつくり、戦った男たち、 そして謎の沈没機の搭乗員とみられる6人の「三四三空 隊員」の遺族を追ったフィルム・ドキュメンタリーが、引き揚げから、さらに30年の時を経てDVDでよみがえる。 ○1979年放送 *本編49分/画面サイズ4:3/カラー/モノラル

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

零戦を上回る性能を持ちながらも、わずか8ヵ月間だけしか実戦配備されず終戦を迎えた知られざる名機・紫電改にスポットを当てたドキュメンタリー。宇和海で発見された紫電改の引き上げの模様を軸に、紫電改の戦いぶりやパイロットたちの青春を紐解く。

内容(「Oricon」データベースより)

四国南西部宇和海の海底で旧日本軍最後の戦闘機「紫電改(紫電21型)」が発見、引き上げられその姿を現した。実戦配備はわずか8ヶ月間だけだったこの知られざる名戦闘機を追うドキュメンタリー
NHK特集 紫電改 第二次世界大戦日本海軍最後の戦闘機

NHK特集 紫電改 最後の戦闘機 [DVD]

新品価格¥3,164から (2011/11/17 09:16時点)

日本の超・有名プラモデル屋さんの紹介です

↓ ポチットな ↓ブログランキングに登録しました。ご協力のほどお願いします。


ブログランキング blogram投票ボタン

ホームヘ

スポンサーサイト

トラックバック

コメント

コメントを残す

Secret


プロフィール

hiro

Author:hiro
数年前までもデラーをしていました。現在は、パソコンを自作しています。
2015年の後半から、Linux(Ubuntu)を、かじっています。
慌てない慌てないを基本に一休さんのような生活スタイルを目指しています。

カテゴリー別表

よってイクマッシー!!

↓ ポチットな ↓ブログランキングに登録しました。ご協力のほどお願いします。
blogram投票ボタン


YaHooのRSSボタン My Yahoo!に追加

FC2カウンター

ブックマーク

楽天市場にも,行ってみてください。